合格者数ランキング PR

大阪公立大学医学部合格者高校別ランキング2023

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大阪公立大学医学部合格者高校別ランキング2023

順位 高校名(都道府県名) 人数
1位 洛南(京都) 9名
2位 清風南海(大阪) 7名
3位 天王寺(大阪) 6名
4位 大阪星光学院(大阪) 5名
4位 西大和学園(奈良) 5名
6位 大阪教育大学付属池田(大阪) 4名
7位 四天王寺(大阪) 3名
7位 神戸女学院(兵庫) 3名
7位 白陵(兵庫) 3名
7位 智辯学園和歌山(和歌山) 3名
11位 灘(兵庫) 2名
11位 東大寺学園(奈良)ほか 2名

出典

サンデー毎日2023/3/26号より

総評

大阪公立大学医学部は今年249名が志願して80名が合格の競争率は3.1倍。

洛南が大阪公立大医学部合格実績1位を達成。

関西国公立大医学部上位常連の灘と東大寺学園は11位とやや合格者が少なく、清風南海、天王寺、大教大池田、四天王寺など準トップの難関高校が軒並みランクインしている。

大阪公立大学医学部においても公立トップ校からの合格者が少なく、最多が天王寺の3名で、他に北野が1名、堀川が1名、高津が1名となった。

関西圏の国公立大学の医学部は中高一貫の私学がとにかく強いので、中学受験で灘、東大寺、西大和、甲陽学院、大阪星光学院、洛南、洛星などを目指す方が近道である。